【特集】育毛剤を超えた育毛剤!?イクオス徹底解剖

【特集】育毛剤を超えた育毛剤!?イクオス徹底解剖

イクオスの育毛力を支える4つの秘密

ここ数年で女性の脱毛症患者の数も増え、今や国民の多くが抱えるのが「脱毛の悩み」です。
ドラッグストアや薬局に行くと育毛剤だけでもこんなに種類があるのか!と驚く人も多いことでしょう。最近では女性向けの育毛剤も数多く発表されていますから、隠れたヒット商品と言っても過言ではありません。
選択肢が多いということは決して悪いことではありませんが、多すぎるのも考えものです。
そこで今回は“圧倒的育毛力”で話題の「イクオス」をご紹介していきましょう。
「イクオス」には育毛力を支える4つの秘密があります。

 

北海道産ミツイシコンブ由来の有効成分「M-034」を大量含有!

毛根上部(髪の毛として伸びていく部分)にM-034を作用させると活性化し、髪の毛が太く丈夫になることが解明されています。「イクオス」ではこの育毛効果が絶大な「M-034」を大量配合。しかも食品(北海道産ミツイシコンブ)由来成分ですので、毎日安心してお使いいただけます。

 

育毛に欠かせない3つの成分を独自比率で配合!

男性型脱毛症の原因となるDHT(ジヒドロテストロン)の生成を抑える「センブリエキス」
皮脂の過剰分泌による毛穴の炎症(脂漏性皮膚炎)を抑制する「グリチルリチン酸2K」
頭皮の血行を良くし、抗炎症作用の高い「ジフェンフェドラミンHC」
これら3つの有効成分を業界最高クラスの高濃度で配合しています。

 

18種類の植物エキス+10種類の細胞活性アミノ酸配合でより高い育毛効果を実現!

髪の毛も細胞の一種ですから、アミノ酸はとても重要です。アミノ酸とは体内で合成できない物質なので、食事やサプリメントで摂取するか、あるいは育毛剤で浸透させるかが髪の毛にとっては効果的。
だから、品質と安全性にこだわった18種類の植物エキスと10種類の細胞活性アミノ酸を配合しました。

 

天然型フィナステリド(男性型脱毛症治療薬の主成分)とも呼ばれる、「オウゴンエキス」を配合

脱毛症の中で最も多いのが「男性型脱毛症(AGA)」です。現在AGA治療薬として国内で認可されているのが「フィナステリド(商品名:プロペシア)」という成分です。
フィナステリドは頭皮付近にある“5-αリダクターゼ”という酵素の働きを阻害し、脱毛症の原因となるジヒドロテストロン(DHT)の生成を強力にブロックします。
フィナステリドは医薬品成分ですので、病院で処方箋をもらわないと購入することができません。しかし、自然界にはフィナステリドと似た作用のある「オウゴンエキス」があります。
「オウゴンエキス」は植物から抽出した安全性の高い成分ですので、一般の育毛剤にも配合可能な成分です。

 

お客さま満足度は驚異の「97.5%」!

  • 他の育毛剤と併用し、産毛が3?4mm程度生えてきました。今まで併用していた育毛剤の単独使用では発毛効果が実感できなかったので「イクオス」のおかげだと思っています。(50代男性)
  •  

  • リピーターです。今まで3本の「イクオス」を使っていますが、2本目の途中ぐらいから髪の毛のボリューム感アップが実感でき、今ではこれ一本で育毛に励んでいます。効果は高いと思います。(40代男性)
  •  

  • いままで女性用の育毛剤を使ってきましたが、効果がなく主人が使っていた「イクオス」を私も使ってみたところ数ヶ月で髪の毛にハリとコシが戻ってきたような気がしています。今では夫婦二人でお世話になっています。(50代女性)

 

なぜ、リピーター続出なのか?その答えはやっぱり「育毛力」

育毛剤は男性向け製品が多いという特徴があります。「イクオス」もメインとなるのは男性なのですが、口コミやレビューには女性からの投稿も見受けられます。
つまり、性別に関係なく育毛効果が実感できているユーザーが多いということの証しなのです。
「イクオス」が多くのリピーターによって支えられている理由はなん度も言うようですが「育毛力」です。せっかく有効成分を多く配合していても、浸透力や安全性、使用感に問題があっては商品として成功しません。
「イクオス」ではモニターテストで3カ月以内に育毛を実感できた人の割合が73%!AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるフィナステリドの治療効果にほぼ匹敵する数字をマークしています。
また、製品の安全性には十分に配慮し、厳重な品質管理の元で製造・販売しているので安心して毎日お使いいただけます。